年度重点目標

【平成31年度 重点目標と重点事項】

生徒が良質なモチベーションを持ち、成果が上がるように支援し、褒めて育てる、コミュニケーション豊かな教師集団と学校が大好きな生徒のいる学校をつくる。

 

1 新しい時代にふさわしい鶴岡中央高校を創造する

(1) 本校教育活動の強みを発信し、弱点克服に努める。

(2) 地域の中学生や保護者、鶴岡市や関係団体、企業等から期待される学校について研究する。

 

2 生徒の資質・能力を最大限に引き出す教育環境をつくる

(1) 普通科においては、将来の学びも視野に入れ切磋琢磨し、確かな学力をもとに進路実現できるよう、一層学力を向上させる。

(2) 総合学科においては、地域との触れあいを大切にし、課題研究を核として、社会で活躍するために必要な学力と高いスキルを身につけさせる。

(3) 研究機関との連携や、地域の自然・伝統文化・歴史遺産等を活用することにより学習機会を拡大させ、本校教育を充実・発展させる。

(4) 普通科・総合学科それぞれの、特色ある学びを進展させる教育課程の編成と実施に努める。

 

3 一人ひとりの着実なキャリア形成を進め、高い志を育てる

(1) 普通科の「キャリア探究」、総合学科の「産業社会と人間」「総合学習」「課題研究」を基軸とした「やる気」の誘発とキャリア形成を進め、進路希望の実現を図る。

(2) 家庭学習の習慣化など、有効な時間の使い方を身につけさせ、将来を見据えて規律ある生活を確立させる。

(3) 複数教員による相談活動等のサポート体制を確立し、学びを広め深めるための情報活用力を育てる。

 

4 日々の指導を通じて、的確に判断する力を養い自他を尊重する態度と他者に伝える力を育てる

(1) 相手の立場や周りの状況を的確に判断する力を養い、正しいネット社会のあり方を理解させる。

(2) 日々の挨拶や対面したコミュニケーションを大切にすると共に、プレゼンテーションを意識した授業等を実践し、他者に伝える力を身につけさせる。

(3) 生徒の悩み・変化を見逃さない観察・声掛けと積極的面談活動を実施する。

(4) 生徒会・各種委員会・部活動・ボランティア等の課外活動において、生徒の創意や自主性を育みながら、人格の錬磨に努めさせる。

(5) 外部機関と連携して各種相談活動を充実させる。MH委員会の機能を強化し、生徒・保護者へのきめ細かなサポートを実施する。

 

5 周りからみえる学校、地域に信頼される学校づくりに努める

(1) ホームページ・掲示板・各種たより等による保護者や地域への広報活動を充実させるとともに、地域との交流を活発にする。

(2) 学校公開と情報発信、地域の期待に応える学校づくりに努める。

 

6 学校運営組織を活かし、ゆとりある教育環境をつくる

(1) 教職員間・分掌間の相互理解と連携に努め、組織力の強化と業務の効率化をめざす。

(2) 情報ネットワークの活用と情報管理の徹底を図る。

 

7 新大学入試制度や新学習指導要領を見据え、教育課程や学習指導法の研修に努める

(1) 推薦・AO入試対策の見直しとアクティブラーニング・探究学習の研修と実践に努める。