年度重点目標

【令和4年度の重点目標と重点事項】

生徒一人ひとりに寄り添い、生徒の可能性を引き出す教育活動を推進する。

1 確かな学力の定着と学ぶ意欲・態度の育成

(1) 学習習慣を定着させ、主体的・自立的に学ぶ力を育成する。

(2) ICT機器の利活用の研究と推進を図り、一人ひとりの学びの充実を図る。

(3) 生徒の実態を踏まえた「指導と評価の一体化」が図られた授業や学習活動を実践する。

(4) 普通科、総合学科の特色を活かした探究型学習の推進と関係機関・研究機関と連携した学びの充実を図る。

(5) 特別支援教育への理解を深める研修の実践と組織的な支援体制の推進を図る。

2 生徒の資質・能力を最大限に引き出す教育環境の充実

(1) キャリア教育総合実践プログラムに基づき、計画的・組織的にキャリア教育を実践する。

(2) 「総合的な探究の時間」や「産業社会と人間」を基軸とした学習活動により、キャリア形成を育む。

(3) 多様な進路希望や多様な入試制度、就職試験に対応できるよう、組織的な指導・支援体制の充実を図る。

(4) 普通科・総合学科の特色ある教育課程編成の評価・検証を行う。

3 自他を尊重する態度と自律的な行動力の育成

(1) 明るく爽やかな挨拶ができる社会人としてのマナーや規範意識の育成とコミュニケーション力の向上を図る。

(2) 生徒会活動、学校行事、部活動、ボランティア活動、校外活動への積極的な参加の推進し、社会に貢献できる力の育成を図る。

(3) 生徒のICT機器の活用力の向上、情報リテラシーの理解など情報教育を推進するため、職員の指導力の向上を図る研修を行う。

(4) 成人年齢の引き下げに伴う主権者教育や消費者教育等を実践する。

4 健康管理・安全教育の推進と危機管理体制の強化

(1) 新型コロナウイルス感染予防対策や「新しい生活様式」を踏まえた活動の徹底と学習環境の整備を図る。

(2) 危機管理体制の整備と周知、及び施設設備の安全点検の充実を図る。

5 「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた取組みの推進

(1) 学校公開とホームページ等による情報発信の充実に努める。

(2) 地域の中学生や保護者、鶴岡市や関係団体、企業等との連携、協働し、地域に開かれた学校をつくる。

(3) スクール・ポリシーを策定する。